コンテンツにスキップする

米クアルコムによる蘭NXPセミ買収、中国当局が承認-関係者

  • 承認が伝えられたことで両社の株価は時間外取引で急伸
  • 中国の承認で7月の期限前に買収手続き完了へ

米クアルコムによるオランダのNXPセミコンダクターズ買収計画が中国当局に承認された。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。両社の株価は14日の時間外取引で上昇した。

  中国の承認で規制上の最後のハードルが取り除かれ、クアルコムによる430億ドル(約4兆7600億円)の買収計画は、NXPが設定した7月の期限前に完了することになる。買収合意から1年半余り経過しており、NXPはこの期限までに当局に承認されなければ合意を撤回するとしていた。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は先に、中国当局による承認を伝えていたが、両社にこれについてコメントを控えている。

  14日の米株式市場の時間外取引でNXPの株価は一時10%高の124.30ドルを付けた。クアルコムが提示した買収額は1株当たり127.50ドル。クアルコム株も時間外で3%上昇した。

Cleared for Takeoff

原題:Qualcomm’s NXP Deal Is Said to Be Approved by Chinese Regulators(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE