ビットコインの「衝撃的な」下落、誘因は先物か-ファンドストラット

  • CBOEとCMEの先物の期日、売りに拍車掛けた公算-リー氏
  • センチメントやテクニカルの要因も「ひどい」
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

仮想通貨ビットコインは今週、一時20%下落するなど、「衝撃的な」弱さを見せたが、誘因の一部はビットコイン先物の期日かもしれないと、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの調査責任者、トーマス・リー氏が指摘した。

トーマス・リー氏

写真家:Chris Goodney / Bloomberg

  リー氏はCBOEとCMEの先物の期日前後の「著しいボラティリティー」に警鐘を鳴らし、センチメントやテクニカルの要因も「ひどい」と指摘した。14日のリポートで同氏は、ビットコインが期日にかけて下落するようだとするジャスティン・サスロー氏の説を引用し、CBOEにビットコイン先物が上場して以降、期日を6回迎え、うち1回が6月13日だった点を挙げた。

  リー氏によると、ビットコインは期日前10日間で平均18%下落し、その後6日間で回復する傾向がある。トレーダーがビットコインでロング(買い持ち)ポジションを取り、先物をショート(売り持ち)にする場合、保有者はベンチマークとの乖離(かいり)を最小限に抑えるためビットコインを売買高加重平均価格(VWAP)で大量に売却し得るが、期日が近づくと、残るビットコインも手放して値下がりを招き、先物のショートで「かなりの儲け」を出して決済する可能性があるという。

原題:Bitcoin Futures Fueling ‘Gut-Wrenching’ Declines, Tom Lee Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE