仮想通貨が急上昇、イーサーは連邦証券法の適用外とSEC幹部発言で

  • 発言を受け、当局が取り締まるとの懸念が後退
  • ビットコインは5.9%高-この1カ月で最大の上げ

仮想通貨が急上昇

Photographer: Akos Stiller/Bloomberg
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

12日の取引で仮想通貨イーサーの価格が急上昇した。米当局者がイーサーに絡む取引は連邦証券規則の対象にならないと発言し、数カ月前からイーサーの重しとなっていた観測が後退した。発言を受けて他の仮想通貨も上昇した。

  米証券取引委員会(SEC)企業金融局のウィリアム・ヒンマン局長は、サンフランシスコで開催されたヤフー・ファイナンスの会議で、「イーサーの創造に伴う資金調達は別にして、イーサーの現状に関する私の理解に基づくと、イーサリアムのネットワーク、その分散的構造、イーサ―の現行の提供および販売は証券取引ではない」とし、「ビットコインと同様に、連邦証券法の情報開示体制をイーサーの現行の取引に適用するのはほとんど意味をなさないだろう」と述べた。

  イーサーはニューヨーク時間午後4時15分現在、10%高の518.94ドル。ビットコインは5.9%高の6630.73ドルと、この1カ月で最大の上げを演じた。

原題:Crypto Coins Surge as SEC Spares Ether From Securities Rules (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE