ドラギECB総裁:フォワードガイダンスについての決定は全会一致

  • 全会一致だったことは決定に力を与える-ドラギ総裁
  • 政策委はインフレに著しい改善があったとの認識

ECBのフォワードガイダンスに関する14日の決定は全会一致だったと、ドラギ総裁がラトビアの首都リガでの記者会見で述べた。全会一致だったことは決定に力を与えると強調した。

  決定のあらゆる部分に選択肢を維持することへの願望があったとも述べた。政策委は景気の状態について詳細に議論し、インフレに著しい改善があったとの認識で一致したと語った。

  資産購入プログラムは今後、ECBの通常の政策手段の一つになるとドラギ総裁は述べた。

備考:ECB:資産購入を12月で終了へ、10月からは減額

原題:ECB’s Decision on Forward Guidance Was Unanimous, Draghi Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE