BNPを元債券トレーダーが訴え-不正通報後に不当解雇されたと主張

仏銀BNPパリバの元英国債トレーダーが、トレーディングフロアの不正行為を通報した後、不当に解雇されたと主張し、同行に70万ポンド(約1億300万円)の損害賠償を求める訴えを起こした。

  BNPで約8年間勤務し、昨年まで英国債トレーダーを務めていたグザビエ・デアイス氏は12日、ロンドンの雇用審判所で、5件以上の不正取引や水増しの事例を自分が暴露したところ、一緒に仕事をすることが耐えられない人物という不公正なレッテルを貼られたと述べ、「彼らは自分たちの不正から目をそらすため、私が彼らに嫌がらせをしたというもっともらしい申し立てを行い、私の評判を広くおとしめた」と訴えた。

  BNPは発表資料で、同氏の主張について調査を行ったが、「不正行為は確認されなかった」と反論し、「当行にはしっかりとした内部通報手続きが整っている」と説明した。

原題:Ex-BNP Gilts Trader Sues Bank After Being Fired for Bullying (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE