コンテンツにスキップする

世界の大き過ぎてつぶせない銀行、30銘柄のうち半分が弱気相場入り

  • SIFI30銘柄のうち半分が直近の高値から少なくとも20%下落
  • 弱気相場入りした銘柄のリストに大手米銀が入っていない
relates to 世界の大き過ぎてつぶせない銀行、30銘柄のうち半分が弱気相場入り

Photographer: Martin Leissl/Bloomberg

relates to 世界の大き過ぎてつぶせない銀行、30銘柄のうち半分が弱気相場入り

Photographer: Martin Leissl/Bloomberg

株式にとって弱気相場入りが失敗と見なされるとすれば、世界の「大き過ぎてつぶせない」金融機関のうち半分が成功していないことになる。

  金融安定理事会(FSB)の最近のリストによると、30行が金融システム全体にとって重要な金融機関(SIFI)に分類されており、ブルームバーグの分析によると、SIFI30銘柄のうち半分が直近の高値から少なくとも20%下落。注目すべき点は、弱気相場入りした銘柄のリストに大手米銀が入っていないことだ。

Source: Bloomberg, Financial Stability Board

  痛みが最も強く感じられるのは、経済指標の悪化が最近注目される欧州だ。欧州中央銀行(ECB)は、14日の政策委員会後に資産購入プログラム終了のメッセージを送るとの見方が出ているが、経済協力開発機構(OECD)は、独自の指標に基づき、ユーロ圏の成長鈍化が示されていると先月指摘した。

  FBBキャピタル・パートナーズの調査ディレクター、マイク・ベイリー氏は欧州について、「景気が停滞ないし下降気味で、中銀も緩和を続ける二重苦の状態にある。銀行にとってプラスに働く利上げの兆しは見えない」と分析した。

原題:Half of the World’s Too Big to Fail Banks Are in a Bear Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE