世界最大のカバード債市場、円で投資リターン把握する指数が誕生

  • デンマーク・クローネ建てリターンを円換算-ニクレディトの新指数
  • マイナス金利続くデンマーク、日本勢には為替ヘッジでリターンも
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

世界最大のカバード債市場から日本人投資家向けに、リターンを円建てで把握できる指数が提供される。

  算出するのは不動産ローン業者ニクレディト・リアルクレディト(本社コペンハーゲン)で、住宅ローンを裏付けに発行されたカバード債のデンマーク・クローネ建てリターンを円建てに換算する指数を編み出した。同社で債券リサーチ責任者を務めるヤコブ・スキノイ氏によれば、デンマーク初の同指数は、円建てベンチマークに対するパフォーマンスを把握したい顧客の要請を受けて誕生した。

  同氏は「日本の資産運用会社にとって、こうした数値を得るのは重要であり、その顧客は独立した金融機関による数値算出を希望する」と説明。指数の存在は「日本からの需要がかなり大きく、継続する見通しであることも示す」と語った。指数は04年までさかのぼってデータを提供、円建て換算には1カ月物フォワードレートを使うという。

  デンマークの最上級格付けのカバード債は市場規模が4600億ドル(約50兆円)。かつては同国の年金基金や保険会社が大半を保有したが、国債以上のリターンが見込め比較的安全な投資先を求める海外勢が引き寄せられている。デンマーク中央銀行のデータによると、外国人投資家の保有は2011年以降に倍増し、その割合は市場の22%を超えている。

  デンマークの金利は日本よりも低いため、為替ヘッジでリターンを得られるとスキノイ氏は語り、「為替ヘッジからのリターンは少なくとも向こう数年、あるいはもっと長い期間、ポジティブであり続けるだろう。デンマーク中銀が金利を近々引き上げる兆候は見られない」と述べた。

原題:World’s Biggest Covered-Bond Market Starts Index for Japan Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE