「平易な言葉遣い」のFRB議長、米景気拡大の勢いそがずと示唆

  • 失業率は低下しており、インフレ率は予想より速いペースで上昇
  • 来年から全てのFOMC会合後に記者会見行うと表明

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は13日、米経済を一段と楽観しているとのシグナルを発する一方で、金融当局は金融政策の積極的な引き締めにより景気拡大の勢いをそぐつもりはないと、投資家の懸念解消に努めた。

  連邦公開市場委員会(FOMC)は12、13両日の定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げた。また、失業率が低下し、インフレ率が従来の見通しよりも速いペースで目標の2%に達したとして、2018年通年の利上げ回数見通しを4回に上方修正した。

  パウエル議長はこの日、FOMC後の記者会見で「きょうの決定も米経済の好調さの表れの一つだ」と発言。「率直に言って、低失業率には多くの好ましい点があると私は考えている」と述べた。

  パウエル議長はまた、来年から全てのFOMC会合後に記者会見を行うと述べた。現在は1回おきに行っている。ただ同議長は「記者会見の回数倍増が示唆することは何もない」と述べた。

  最新のドット・プロット(金利予測分布図)によると、金融政策決定当局者8人が今年通年の利上げ回数を4回以上と予想。前回3月の予測では7人だった。

  今回の0.25ポイントの利上げは大方の予想通りだったが、ドット・プロットで利上げペースが若干加速したことは一部投資家を驚かせた。S&P500種株価指数は前日比0.4%安で終了、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.97%。

  パウエル議長は、当局者らは「引き締めを急ぎ過ぎないように非常に慎重に対処してきた」と述べ、緩やかな政策アプローチを継続することが「正しいようだ」と指摘した。

机でなく演壇

  パウエル氏は、イエレン前議長の学者的な分析とは異なり、「平易な言葉遣い」で米経済の概説を始めた。30数年ぶりに経済学者以外でFRB議長となったパウエル氏は、演壇で立って会見を行った。イエレン、バーナンキ両氏とも机に向かって会見していた。

  今週はFOMCのほか、欧州中央銀行(ECB)と日本銀行の政策決定会合も開かれる。ECB政策委は14日の会合で債券購入終了について協議する。ただ発表は7月まで先延ばしにされる可能性がある。日銀は14、15日の金融政策決定会合で現行の金融緩和政策の維持を決める見通し。

  パウエル議長は米経済について、いつになるかはっきりしないものの、減税の誘因により投資が拡大し、生産性向上につながる可能性があると発言した。当局による長期の持続的な成長率予測の中央値は1.8%で変わらなかった。

「経済見通しに全幅の信頼」

  バークレイズ・キャピタルの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・ゲーペン氏は、「久しぶりに金融当局は経済見通しにほぼ全幅の信頼を置いている。パウエル議長は米経済の限界には多くの余地があると考えている」と指摘した。

  FOMCは声明で、今年の利上げペースを引き上げるとしながらも成長へのコミットメントを強調。「委員会はFF金利の目標レンジのさらなる漸進的な引き上げが、経済活動の持続的拡大、力強い労働市場環境、およびインフレ率が中期的に委員会の対称的な2%目標付近で推移することと合致すると見込んでいる」とした。

  ドット・プロットで当局者らは19年の利上げ回数見通しを引き続き3回としたが、20年は1回に下方修正した。予想が正しければ、19年末までに政策金利は、景気を刺激も抑制もしないと当局者が見なす中立水準を上回ることになる。当局者らは、インフレの指標として用いているPCE価格指数が今年10-12月(第4四半期)に2.1%に到達すると予想。3月時点の予想では19年に達するとされていた。

  パウエル議長は、貿易問題が米成長に大きな影響を及ぼしていることを示す兆候は見られないと発言。18年の金融政策が若干引き締まっても力強い雇用創出は続くだろうと述べた。当局者らは19、20年の10-12月期の失業率は共に3.5%になると予想した。

  マクロポリシー・パースペクティブズのジュリア・コロナド社長は、「財政政策が勢いを増し、貿易問題による下振れリスクもあるため、当局は緩やかなアプローチを続けるだろう」と述べた上で、「パウエル議長は失業率低下がインフレ圧力を高めることを裏付けるデータがほとんどないことから、安心して失業率の下限を探っているようだ」と指摘した。

原題:‘Plain English’ Powell Cheerleads U.S. Economy After Rate Hike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE