コンテンツにスキップする

ムバダラ、4億ドルのファンド設立へ-欧州テクノロジー投資を強化

  • ソフトバンクグループ、戦略的投資家としてファンドに参加
  • 欧州大陸横断的に実績ある運用者と新興運用者の双方に投資

アブダビ首長国の政府系ファンド(SWF)、ムバダラ・インベストメントが欧州テクノロジーセクターのエクスポージャーを拡大する中、同セクターの企業に投資する4億ドル(約440億円)規模のファンド設立を計画している。

  ムバダラの発表資料によると、ソフトバンクグループはムバダラ・ベンチャーズが運営する同ファンドに戦略的投資家として参加する見通し。「このファンドは世界的な規模と影響力のある、創業者が率いる高成長テクノロジー企業を投資対象とする」という。

  発表資料でムバダラは、「欧州戦略の一環として、ムバダラ・ベンチャーズはファンド・オブ・ファンズ・プログラムを拡大し、欧州大陸横断的に実績のある運用者と新興の運用者の双方に投資する」と説明。「欧州のテクノロジー企業がペルシャ湾岸・中東市場をターゲットにアブダビで事業を立ち上げるための手続きも同ファンドは支援する」と述べた。

原題:Mubadala Adds to Tech Exposure With $400 Million European Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE