コンテンツにスキップする

サウジのファンド理事会事務局長、ソフバンク傘下アーム取締役に就任

  • PIF理事会のヤシル・アルルマヤン事務局長が取締役会に加わった
  • PIFとソフトバンク、ビジョン・ファンドの関係を深める動き

サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)理事会の事務局長が英半導体設計会社アーム・ホールディングスの取締役に就任した。PIFと、アームの親会社ソフトバンクグループ、同社の1000億ドル(約11兆円)規模の投資ファンド「ビジョン・ファンド」との関係を深める動きだ。

  アームの広報担当者は12日、PIF理事会のヤシル・アルルマヤン事務局長がこの数週間に同社取締役会に加わったと、ブルームバーグに対し明らかにした。

  PIFはビジョン・ファンドへの最大450億ドルの出資を発表している。

原題:Saudi Wealth Fund Chief Joins Board of SoftBank’s Arm Group(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE