ビットコイン、下げ止まらず-昨年の急騰に価格操作の疑惑

更新日時
  • 50、100、200日移動平均を17営業日連続で割り込む
  • テザーを利用した価格操作疑惑、テキサス大学の教授が指摘

仮想通貨ビットコインは13日も下落。4営業日連続で下げ、その間の下落率が最大20%に達した。昨年の急騰の裏に価格操作があったとの疑惑が生じている。

  ビットコインはこれで17営業日連続で50日、100日、200日移動平均を下回って終了し、これは今年最長。ビットコインはニューヨーク時間13日午後4時37分現在で6238ドル前後で推移。 昨年1400%余り値上がりした同仮想通貨は、12月に付けた最高値1万9511ドルから約70%下落している。

  仮想通貨テザーを使った価格操作疑惑を指摘した論文など、ネガティブなニュースが相次いでいる。広く取引されている仮想通貨の一つであるテザーは、ビットコイン相場の重要な節目でビットコイン購入に使われるパターンを形成しており、昨年12月の急騰に一役買った可能性があると、テキサス大学の教授が分析した。

原題:No Letup for Bitcoin as Biggest Cryptocurrency Extends Collapse(抜粋)

(1、2段落目の数字を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE