コンテンツにスキップする

英首相、保守党取りまとめへ妥協案作成急ぐ-失敗なら政権崩壊の危機

  • 週明け18日には上院で審議・採決予定、時間ないと政府高官指摘
  • 首相は12日の採決で妥協を約束、党内の反対派を抑えていた

英国のメイ首相は完璧な妥協を必死で探っている。欧州連合(EU)離脱を巡り対立する与党・保守党を団結させる方法を見いだすことが必要で、これに失敗すれば政権は崩壊の危機にひんする恐れもある。

メイ首相は議会採決を乗り切ったが、EU離脱で議会により多くの発言権を認める見通しだ。ブルームバーグのクラウセ・ジャクソン記者がリポート

Daybreak: Europe." (Source: Bloomberg)

  親EU派議員に土壇場で譲歩を提案し、EU離脱法案の重要な議会採決を辛うじて乗り切ったメイ首相は13日、離脱法案に挿入する新たな修正項目の作成作業に着手した。この新項目は恐らく、実業界や投資家が最悪のシナリオとして恐れる合意なしの離脱に陥る可能性を低下させることになる。

  だが、保守党内の親EU派と離脱推進派の双方を満足させるものでなければならない。首相は今回の妥協で親EU派議員らの無秩序な離脱に対する懸念を考慮に入れ、離脱交渉について議会により多くの発言権を認めると約束したため、これを守る必要がある。

David Cameron Meets Ministers To Discuss Steel Crisis

アンナ・スブリー議員

Photographer: Ben Pruchnie/Getty Images

  それができなければ、首相は親EU派議員の信頼を失うことになり、収拾不能の反発を招くだろうと事情に詳しい関係者は述べた。妥協成立から数時間とたたずに親EU派と離脱推進派は妥協内容について異なった認識を持っていることが判明し、推進派は親EU派が妥協の規模を誇張していると述べていた。

  親EU派で、議会採決で首相の妥協に応じたアンナ・スブリー議員は「首相が約束を果たすと信じている」と述べ、「思慮深い修正案が用意され、われわれ全員が合意できると確信している」と続けた。

  政府高官によると、この修正案は18日に上院で審議・採決される公算が大きく、首相は15日までに双方にとって受け入れ可能な文言を練り上げる必要がある。

原題:U.K.’s May Scrambles for Brexit Compromise as Tory Tensions Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE