シトロン氏のヘッジファンド、欧州混乱生かし5月に持ち直す-関係者

  • 5月にプラス10.6%のリターン確保、年初来でマイナス2%程度
  • イタリア債の売りを見越した取引などが好成績に寄与

ロブ・シトロン氏のヘッジファンド、ディスカバリー・キャピタル・マネジメントの運用成績が持ち直しつつある。欧州市場混乱の機を捉え、先月は大きなリターンを記録した。

  非公開情報だとして匿名を条件に述べた関係者によれば、同ファンドは5月にプラス10.6%のリターンとなった。これにより年初来でのマイナスのリターンを2%程度に縮めた。ディスカバリーの担当者はコメントを控えた。

  イタリア債の売りを見越した取引が寄与したほか、スペインやギリシャの債券が売られることにも賭けていたと関係者は説明。リラなどのトルコ資産や欧州の銀行株の値下がりも想定していたという。

原題:Citrone’s Discovery Strikes a Comeback With Italian Short Wager(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE