Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米投資家、市場開放へ向かう中国債券市場に熱視線-ゴールドマン

  • 昨年7月のボンドコネクト始動などが投資家を刺激-アナリスト
  • 向こう4年間で市場規模はほぼ2倍に-ゴールドマン予想

ゴールドマン・サックス・グループによると、中国の債券に対する米国投資家の関心が「著しく改善」している。海外投資家に対して同市場が着実に開かれつつあることが背景にあるという。

  同行のダニー・スワナプルティ、アンドルー・ティルトン両アナリストは、米機関投資家訪問後に執筆した13日のリポートで、昨年7月の債券通(ボンドコネクト)始動と来年4月からのブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合指数への中国債の組み入れにより、この1年間で投資家の関心は高まったとの見方を示した。

  両氏は「3つの主要な世界債券指数全てに中国が採用されるのはまだ数年先だろうが、多くの投資家は時間の問題とみている」と述べ、「われわれが話をした一部の投資家は口座開設手続きの途中で、中国債券市場に著しく高いレベルの関心を示していた」と説明した。   

  ブルームバーグ・バークレイズやJPモルガン・チェース、シティグループ・インベストメントのような世界債券指数への採用により、海外投資家にとって中国債券市場の重要度が高まっていくことが予想される。ゴールドマンは、向こう4年以内に同市場規模はほぼ2倍になり、2022年末までに中国国債全体の22%前後、約9000億ドル(約99兆6000億円)相当を海外勢が保有するようになるとみている。   

原題:Goldman Says U.S. Investors Warming to Chinese Bond Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE