コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレーが英から最大500人異動、ミラノとパリで増員へ

Pedestrians pass the Morgan Stanley headquarters at Canary Wharf in London, U.K., on Monday, Jan. 18, 2010.
Pedestrians pass the Morgan Stanley headquarters at Canary Wharf in London, U.K., on Monday, Jan. 18, 2010. Photographer: Simon Dawson
Pedestrians pass the Morgan Stanley headquarters at Canary Wharf in London, U.K., on Monday, Jan. 18, 2010.
Photographer: Simon Dawson

米銀モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、同国から400-500人を異動させる予定だと述べた。これは英国の行員5000人の最大10%に相当する。

  ゴーマンCEOは同行が主催した12日のイベントで、「これは大掛かりで重要な意味を持つが、人生を変えるような出来事ではない。差し引きマイナスだ。英国のEU離脱について特に良いことは何もない」と発言した。

  モルガン・スタンレーはEU法人の拠点をドイツに置く。ゴーマン氏は、同国の金融監督当局が「大規模なトレーディングビジネスへの対応に慣れている」と説明。投資運用業務はアイルランドに移し、ミラノとパリでセールス担当者とトレーダーを増員することも明らかにした。

原題:Morgan Stanley CEO Says Bank Will Move Up to 500 Jobs From U.K.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE