トランプ氏に成果あったのか、米朝会談後の次の段階不透明で懐疑論

  • 歴史的な握手が交わされた首脳会談、具体的計画はほとんどなし
  • 一部共和党議員からも疑問符-「サメに素手で餌をやるようなもの」
Photographer: Chung Sung-Jun/Getty Images AsiaPac

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談では、歴史的な握手が交わされたものの、合意を実現させるための全ての作業が今後の課題となった。進展具合を測る基準やフォローアップ会談の予定、成功と呼べる内容について意見の一致もなかった。

  具体策の欠如は、米朝首脳会談でトランプ大統領が何を成し遂げたのか懐疑的な見方が広がっている一因だ。懐疑論は民主党からだけではない。トランプ大統領がツイートではなく金委員長と直接会って話をしたことは全般的に評価されているものの、一部の共和党議員は具体的なポイントを探ろうと慎重な姿勢だ。

6月12日にシンガポールで握手を交わしたトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長

フォトグラファー:Saul Loeb / AFP via Getty Images

  ケネディ上院議員(共和、ルイジアナ州)は12日、「金正恩氏が殺りく者であり、自国民を殺りくする人間であるという事実を忘れないことが重要だ」と述べ、「あのような人間に筋道を立てて話そうとすることは、サメに素手で餌をやろうとするようなものだ。できないという意味ではないが、極めて慎重に行う必要がある」と指摘した。

  トランプ大統領がシンガポールから帰国途中の時点で既に混乱は広がった。大統領は記者会見で米韓軍事演習を中止する意向を表明したが、両首脳が署名した1ページ半の共同声明には言及されておらず、大統領が実際に同意した内容についての懸念が増した。

  また、大統領は影響力を失う恐れもある。中国当局者は既に、国連に対北朝鮮経済制裁の解除ないし見直しを要請する可能性を示唆した。経済制裁は大統領がかつて金委員長に軍縮を迫る「最大限の圧力」の基盤にあったが、北朝鮮の隣国で最も重要な貿易相手国である中国は、単独で経済制裁を調整し、金委員長を安心させる可能性もある。

  次に注目される展開は、ポンペオ米国務長官による13日のソウル訪問だろう。同長官は日韓両国の外相と会談した後、中国首脳と協議するため北京に向かう。トランプ大統領はポンペオ長官とボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)ら米当局者と来週協議すると大統領は明らかにした。

6月12日の米朝首脳会談終了後にエアフォースワンから手を振るトランプ大統領。

フォトグラファー:Saul Loeb / AFP via Getty Images

原題:Trump-Kim Summit’s Lack of Detail on Next Steps Fuels Doubts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE