コンテンツにスキップする

米J&J、血糖測定器部門への買収提案を正式に受け入れ-2300億円

  • ライフスキャンを米投資会社プラチナム・エクイティーに売却へ
  • 拘束力のある買収提案を受けたと3月に明らかにしていた

ヘルスケア製品の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は血糖測定器部門ライフスキャンを米投資会社プラチナム・エクイティーに21億ドル(約2300億円)で売却する手続きを進めると発表した。

  J&Jは3月、プラチナム・エクイティーから拘束力のある買収提案を受けたことを明らかにしていた。同社は12日、提案を正式に受け入れたことを明らかにし、年末までに手続き完了を見込んでいると説明した。

  J&Jは、同社が主導的位置にない事業からは撤退する方針で、比較的小規模な部門の売却を進めている。先週は滅菌関連製品部門を米フォーティブに27億ドルで売却すると発表した。

  ライフスキャン部門は血糖測定器「ワンタッチ」を製造しており、昨年の売上高は16億2000万ドルだった。

原題:J&J Formally Accepts $2.1 Billion Offer for Diabetes Device Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE