コンテンツにスキップする

ナバロNTC委員長が謝罪、カナダ首相に対する発言「不適切」だった

ホワイトハウスのナバロ米国家通商会議(NTC)委員長は、カナダのトルドー首相がトランプ米大統領に対する外交儀礼(プロトコール)に背いたと見られるとして同首相には「地獄に特別な場所がある」と述べたことを謝罪した。

  ナバロ氏は12日、ワシントンでの会議で「私の仕事は強さのシグナルを送ることだった」と発言。「問題は、こうしたメッセージを伝達する上で、私が不適切な言葉を使ったことだ」とし、「私はそれを認める、私の過ちだった。それは私の言葉だった」と述べた。

  ナバロ氏は先週末、トルドー首相が主催した主要7カ国首脳会議(G7サミット)が混乱状態と貿易戦争への脅威の中で閉幕、自身の怒りをカナダにぶつけた。同氏は米貿易赤字の削減に向け関税を支持しているほか、長年にわたって中国を批判している。

  ナバロ氏はFOXニュースの番組で、「トランプ大統領に対して不誠実な外交を展開し、退室する大統領の背中を刺すような裏切り行為をする外国の指導者には地獄に特別な場所がある」と話していた。

原題:U.S.’s Navarro Apologizes for ‘Inappropriate’ Trudeau Comments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE