コンテンツにスキップする

IMF専務理事:世界経済覆う雲が暗さ増す-G7サミット後に

  • 保護主義の高まりが信頼感を損なう恐れ-専務理事
  • トランプ米大統領が首脳宣言への支持撤回したのを受けて発言
IMFのラガルド専務理事

IMFのラガルド専務理事

Photographer: Darryl Dyck/Bloomberg
IMFのラガルド専務理事
Photographer: Darryl Dyck/Bloomberg

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、主要先進国の間で貿易戦争の脅威がより明確になる中で、世界経済へのリスクが増していると指摘した。

  同氏はベルリンでの記者会見で、「われわれは約半年前、水平線にかかる雲を示唆したが、それが日を追うごとに、私が言いたいのは週末ごとに暗くなっている」と述べた。

  発言は2日間開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)の混乱を受けたものだ。トランプ大統領が同盟国を軽視する姿勢は他のG7首脳にショックを与えた。首脳会議を早めに切り上げた同大統領はツイートで首脳宣言への支持を撤回するとともに、議長国であるカナダのトルドー首相を弱腰で不誠実だと批判。首脳会議では各国が米国に対し鉄鋼・アルミニウムの新たな輸入関税賦課の撤回を迫ったが成果は得られなかった。

  首脳会議に出席したラガルド専務理事は、世界経済を覆う「最も大きくて暗い雲」がこれまでの貿易慣行や対外関係、多国間組織の運営のあり方に挑む試みによって信頼感悪化のリスクになっていると指摘した。トランプ大統領を名指しすることはなかった。

Group of Seven (G7) Leaders Summit

カナダ・ケベック州で9日、ラガルド専務理事とトルドー首相

写真家:Cole Burston / Bloomberg

原題:Lagarde Sees Darker Clouds Over World Economy After G-7 Tiff (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE