コンテンツにスキップする

米上院、ZTE制裁再開へ前進-国防権限法案の審議開始を可決

更新日時

米上院は中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)への制裁措置を復活させる法案を前進させた。トランプ米大統領はZTEの業務再開を認めるため規制を緩和し、厳しい批判を招いている。

  上院は11日遅く、国防権限法(NDAA)案の審議開始を巡り採決を実施。賛成91、反対4で可決した。同法案には、ZTEへの制裁を再開させる修正が盛り込まれている。米商務省は先週、ZTEとの合意に基づき同社に対して発動した制裁を見直すことを明らかにしていた。

  ルビオ上院議員(共和、フロリダ州)は採決実施前にツイッターで、「素晴らしいニュースだ。超党派の修正案ではZTEへの制裁再開がNDAA法案に盛り込まれている。上院は今晩、同法案を前進させる」とコメントしていた。

  修正案はルビオ議員とバンホーレン上院議員(民主、メリーランド州)、コットン上院議員(共和、アーカンソー州)が共同で提出した。

原題:U.S. Lawmakers Seek to Restore ZTE Penalties in Defense Bill (1)(抜粋)

(第2段落に採決について追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE