コンテンツにスキップする

ドイツ銀、機関顧客グループの世界共同責任者が退職-離職者続く

ドイツ銀行の機関顧客グループの世界共同責任者、キーナン・アルトゥニス氏が別の機会を追求するため退職した。同行では最近、幹部の退職が相次いでいる。

  投資銀行部門トップのガース・リッチー氏の下で幹部数の削減が進む中、アルトゥニス氏は5月、同部門執行委員会での委員の座を失っていた。リッチー氏が5月に送付した文書によれば、アルトゥニス氏とともに機関顧客グループの世界共同責任者を務めるシュテファン・ホープス氏はとどまる。

  ブルームバーグ・ニュースが11日に確認した社内文書によれば、アルトゥニス氏はドイツ銀行在職中、機関顧客グループで外為セールス世界責任者を含む複数の役職を担った。

原題:Deutsche Bank’s Global Co-Head of Institutional Clients Leaves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE