アウディCEOを容疑者に特定、自宅を捜索-ディーゼル不正問題

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)のアウディ部門に対するディーゼル車排ガス不正捜査で、同部門のトップが容疑者として特定された。

  ミュンヘンの検察当局は電子メールで、アウディ部門のルパート・シュタートラー最高経営責任者(CEO)と別の取締役会メンバー1人の自宅を捜索したことを明らかにした。両者とも、欧州でのディーゼル車販売に関する詐欺、ならびに文書改ざんの容疑で捜査を受けている。

  事情に詳しい関係者によれば、家宅捜索を受けた別の取締役会メンバーの名前は購買担当責任者のベルント・マルテンス氏。この関係者は、検察当局が名前を明らかにしていないとの理由から匿名を条件に語った。

原題:Audi CEO Stadler Named a Suspect in Diesel Case; Home Raided (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE