コンテンツにスキップする

英HSBC、20年までに1兆8700億円投資-アジアの重要市場に焦点

  • 有形自己資本利益率を20年までに11%超とすることが目標
  • 「リストラ期を終え、今は成長モードに戻る時」-フリントCEO

欧州最大の銀行、英HSBCホールディングスは11日、アジアの重要市場での事業拡大とテクノロジー改善に向けて最大170億ドル(約1兆8700億円)を投資する計画を発表した。ジョン・フリント最高経営責任者(CEO)が4カ月前の就任以降で初めて包括的な計画の概要を示した。

  HSBCは2020年までに計画している投資額の3分の2程度を香港、そして香港やマカオを含めた中国の珠江デルタ地域でのシェア拡大や、アジア資産事業強化のために投じると発表資料で説明した。残りはサイバーセキュリティーなどのテクノロジーを向上させるために投資する。有形自己資本利益率を20年までに11%超とすることも目標に据えた。

John Flint

HSBCのフリントCEO

Photographer: James MacDonald/Bloomberg

  フリントCEOは資料で「HSBCにとってリストラ期を終え、今は成長モードに戻る時」だと明言。「われわれの戦略における次の段階は強みのある分野、特にアジアと国際ネットワークの成長を加速させることだ」とコメントした。

On The Mend

HSBC has arrested a slide in revenue since 2011 and is forecast to grow again

Sources: Bloomberg data, bank-compiled consensus estimates

Asian Dominance

HSBC still makes the vast majority of its profit in its traditional homeland

Source: HSBC first-quarter company presentation, adjusted pretax profit

原題:HSBC’s New Chief Outlines Plan to Spend $17 Billion by 2020 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE