コンテンツにスキップする

韓国債保証料が10年ぶり低水準、米朝会談控えヘッジの好機

安価な保証コスト

  韓国債の保証コスト(クレジット・デフォルト・スワップ=CDS)はここ10年余りの最低水準近辺で推移しており、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談が間近に迫る中、ヘッジとしての買いは魅力的だと、BNPパリバ・アセット・マネジメントの新興国市場債券副責任者、ジャン・チャールズ・サンボー氏が指摘した。会談の結果がどうであれ、CDSが上昇する公算は大きいとサンボー氏は予想。前向きな結果が出れば、南北再統一の可能性が織り込まれる中で韓国財政の重しとなる可能性があり、芳しくない結果に終われば投資家センチメントを圧迫するだろうと分析した。

原題: Korea CDS Near Decade-Low Offer Hedge Amid Trump-Kim Meet: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE