コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

世界最大のEV電池メーカー、CATLが中国上場-株価急騰

  • 値幅制限いっぱいの44%高-時価総額、約1兆3500億円に
  • IPO規模は当初予定の半分以下に縮小-利益率低下や規制で
The Toyota Motor Corp. plug-in hybrid Corolla vehicle stands plugged in to a charging station at the Beijing International Automotive Exhibition in Beijing, China, on Wednesday, April 25, 2018. The Exhibition is a barometer of the state of the world’s biggest passenger-vehicle market.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

世界最大の電気自動車(EV)バッテリーメーカー、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が11日、深圳証券取引所に上場。値幅制限いっぱいの44%高となった。

  CATLの株価は現地時間午前10時17分(日本時間同11時17分)時点で36.20元に達し、同社の時価総額は約123億ドル(約1兆3500億円)に膨らんだ。CATLは株式全体の10%を1株25.14元で発行する新規株式公開(IPO)を実施した。
  

First-Day Jump

  投資家はCATLがパナソニックなどの競合各社に競り勝ち、自動車メーカーがEV強化に向かう中で、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)などCATLの顧客から受注を続けることに期待している。ただ利益率低下やIPO時の株価収益率(PER)規制などから、CATLはIPO規模を当初予定の半分以下に縮小した。

Dominating Supply

  ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)によれば、CATLは全てのEVタイプを含めると最大の電池メーカーだが、一般的なサイズのEV向けではパナソニックが最大手。

原題:Biggest Electric-Vehicle Battery Maker Soars 44% on Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE