コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

トランプ氏、金委員長真意への賭け奏功するか-米朝首脳会談へ

更新日時
  • 朝鮮中央通信は米国との新たな関係樹立を金委員長が望むと表明
  • トランプ大統領:最初の1分で金委員長の思いが真剣かどうか分かる
Buildings stand illuminated at the harbor front area with the central business district in the background in Singapore, on Saturday, June 9, 2018. U.S. President Donald Trump and North Korean leader Kim Jong Un will hold their historic Singapore summit at the Capella Hotel on the city-states Sentosa Island on June 12.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールで史上初の首脳会談に臨む。北朝鮮の国営通信社は会談に先立ち、米国との新たな関係樹立や非核化、朝鮮半島の恒久的平和体制構築などの議題を紹介した。

Preparations Ahead of DPRK-USA Summit in Singapore

シンガポールのパヤ・レバー空軍基地に到着したトランプ大統領(10日)

フォトグラファー:SeongJoon Cho / Bloomberg

  トランプ大統領は、金委員長の経済制裁と孤立状態を脱したいという思いが核の脅しを手放す恐怖を上回るはずとの自身の見方に賭けている。

  しかし両首脳はまだ、今回の会談の目的とされる朝鮮半島非核化の定義でさえ一致できていない。トランプ大統領が北朝鮮に完全かつ検証可能で不可逆的な核兵器廃棄を望んでいるのに対し、北朝鮮は可能であれば平和協定締結も含む体制保証と、日韓への核の傘の提供取りやめの言質を得たいと考えている。

  トランプ大統領は9日、会談に入って「最初の1分」で金委員長の核兵器廃棄の思いが真剣かどうか分かるだろうと述べた。最初は通訳を入れて2人だけで会い、その後、ポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)らが協議に加わる予定。

  トランプ大統領は10日夜、米朝首脳会談のためシンガポールに到着した。

  金委員長はトランプ大統領に先立ち、10日午後にシンガポールに入り、同国のリー・シェンロン首相と会談した。リー首相は金委員長が権力掌握後、会談した外国首脳としては3人目となった。

  朝鮮中央通信(KCNA)は11日早朝、米朝首脳会談で「北朝鮮と米国の新たな関係」を樹立することを金委員長は望んでいると表明。同会談の議題は、非核化や朝鮮半島の恒久的で持続的な平和維持メカニズムの構築などになると説明した。また、先に特使として米国に派遣された金英哲・朝鮮労働党副委員長ら、北朝鮮代表団の6人を公表した。

  米国は、米朝首脳会談で金委員長が核プログラム廃止に向け具体的な措置を示すことを望んでいる。トランプ大統領は9日、カナダ・ケベック州で開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)の記者会見で、「金正恩委員長は自国民のために何か素晴らしいことをしたいと思っているだろう。これは一度限りのチャンスであり、私は非常にうまくいくと考えている」と語った。

  金委員長は経済援助と引き換えに一方的に兵器の廃棄を求める呼び掛けに反発しており、段階的な非核化を提案している。金委員長の発言や国営メディアから推測される限りでは、金委員長は制裁緩和での合意を望んでいるものの、核兵器なしで権力を維持できると十分安心できるまでは核兵器を手放さないとみられる。

  外交専門家の多くは金委員長が核兵器を手放すことはないとみており、今後、米国と同盟国にとって大きなリスクが見込まれると警告する。

  ブルッキングズ研究所の東アジア研究担当上級研究員、パク・ジュン氏は、「金委員長にとって、核兵器は国家の同一性の一部であり、また自分の地位を維持させている文化・イデオロギー・政治的インフラの一部だ」と指摘した。

  オバマ政権で国務次官としてイラン核合意交渉チームを率いたウェンディ・シャーマン氏は、トランプ大統領が金委員長と合意した場合、北朝鮮の核兵器備蓄と弾道ミサイルプログラムの完全な報告を含むかどうかが重要な分かれ目になると述べ、「非常にしっかりとした検証監視体制がなければ、合意する価値はない。われわれが強調したいのは、使命をやり遂げたと拙速に宣言することの危険性だ。過去に同じ失敗があった」と説明した。同氏はクリントン政権時代に北朝鮮政策調整官を務めた。

原題:Trump Lands in Singapore to See If Gamble on Kim to Pay Off (1)(抜粋)

(識者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE