トランプ大統領、G7首脳宣言を承認せず-加首相を批判

更新日時
  • トルドー首相の記者会見での発言についてツイート
  • トランプ氏はサミット首脳宣言の公表後に批判加える

トランプ大統領

Photographer: Cole Burston/Bloomberg
Photographer: Cole Burston/Bloomberg

トランプ米大統領は9日、米代表団に主要7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言を承認しないよう指示するとともに、カナダのトルドー首相が不誠実だと批判し、2日間のシャルルボワ・サミットでの貿易問題を巡る対立が激化する形となった。

  同大統領は加首相の発言から約2時間後に、シンガポールに向かう大統領専用機の機内からツイートし、「米国市場にあふれる」自動車への関税を検討すると述べた。

  同大統領の発言は世界の貿易ルールを長期にわたって守る役割を果たしてきたG7を弱体化させるだけでなく、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の協議で緊張が高まる中で同国との新たな摩擦を引き起こす恐れがある。

  同大統領は「加首相の記者会見での不誠実な発言やカナダが米国の農家や労働者、企業に巨額の関税を賦課しているという事実に基づき、われわれが米国市場にあふれる自動車への関税を検討するため、私は米国の代表団に首脳宣言を承認しないよう指示した」とツイートした。

  同大統領は先月、ロス商務長官に乗用車とトラック、車両部品の輸入について安全保障上の調査を開始するよう指示していた。

  議長国カナダのトルドー首相は9日のサミット閉幕時の記者会見で、全てのG7加盟国が首脳宣言をまとめるために懸命に努力したと発言。宣言は全体として貿易問題の協議を継続することに各国がコミットする内容となった。

  同首相はトランプ大統領との率直な意見交換で、米国の鉄鋼・アルミニウム関税が「侮辱的」であり、カナダが報復関税を発動すると述べたことを明らかにした。同首相によると、トランプ大統領は報復関税が「誤りだ」と語ったという。

  トルドー首相はトランプ大統領のツイートに対して書面での声明で、同大統領との公的、私的な会話に関するコメントで、「これまでに発言していない内容は全くない」として、「当地のG7サミットでの成果に焦点を合わせた」と述べた。

  承認済みとのマークが付いたG7首脳宣言のコピーはトランプ大統領がツイッターで米代表団への指示を公表する前に、ケベックシティーのG7メディアセンターで配布されていた。

  トランプ大統領は2つめのツイートで、「トルドー首相はG7の間は非常に柔和に穏やかに振る舞っていたが、私が去った後の記者会見で『米国の関税は屈辱的だ』が、『振り回されることはない』と語った。非常に不誠実で意気地がない。米国の関税はカナダの乳製品への270%関税に対応するものだ」と述べた。

原題:Trump Shocks Leaders With Trudeau Insult to Upend G-7 Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE