コンテンツにスキップする

メルケル独首相:米国との通商摩擦緩和でフォーラム設立を提唱

ドイツのメルケル首相は、米国との間で高まる通商摩擦を和らげるためのフォーラム設立を提唱している。同時に、主要7カ国(G7)首脳はトランプ米大統領に対し、同盟国への関税発動を撤回するよう働き掛ける。

  欧州連合(EU)首脳は8日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)の正式な開幕に先立って、カナダ・ケベック州ラマルベーで会合を開いた。メルケル首相は、米国の貿易についての「共通の評価メカニズム」を提案し、特にフランスのマクロン大統領や欧州委員会のユンケル委員長がこれを支持した。会合に関して記者説明した仏政府当局者が明らかにした。

原題:Merkel Said to Favor Trade Dispute Body as G-7 Summit Begins (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE