コンテンツにスキップする

アップルと部材メーカーの株価下落、アイフォーン部品発注減の報道で

  • iPhone部品、発注2割減をサプライヤーに伝えたと報道
  • フランクフルト上場のアップル株、欧州半導体株が軒並み下落

8日の株式市場では、アップルや同社に部材を供給する欧州企業の株価が下落。アップルが今年後半に投入するiPhone(アイフォーン)向け部品について、発注が前年比で約2割減ることに備えるようサプライチェーンに伝えたとの報道が材料視されている。

  米国寄り付き前の時間外取引で、アップル株は一時2.1%安。ドイツ・フランクフルト市場に上場するアップル株も2.1%安まで売られた。サプライヤーであるオーストリアの半導体企業amsは一時7.2%安。ダイアログ・セミコンダクター、STマイクロエレクトロニクス、インフィニオンテクノロジーズなどその他の欧州半導体各社も軒並み下げている。

  アップルの部品発注減少の示唆は、日経アジアンレビューが匿名の業界関係者の話として報じた。

サプライヤーを直撃

原題:Apple Shares, Suppliers Fall After iPhone Order Cut Report (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE