コンテンツにスキップする

優勝候補筆頭はドイツと独コメルツ銀-14日開幕のサッカーW杯

ロシアで14日に開幕する国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)で優勝する確率が最も高いのはドイツだ。こう結論付けたリポートをドイツのコメルツ銀行がまとめた。公平を期すために記しておけば、リポートの主筆はロンドン在勤のピーター・ディクソン氏だ。

Source: Commerzbank

  リポートによれば、ドイツの優勝確率は約18%。ブラジルが約13%。そしてスペイン、アルゼンチン、フランスと続く。ディクソン氏が拠点とするイングランドの確率は6.2%だ。コメルツ銀は世界ランキングやこれまでのW杯の実績などを考慮し、確率をはじき出した。果たして7月15日の決勝戦で栄光を手にするチームはどこか。

原題:Germany to Win 2018 World Cup, Say Economists at German Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE