コンテンツにスキップする

歴代2位の米国株強気相場、さらに1年は続く-熟練投資家ポーリー氏

  • S&P500種株価指数、少なくとも今年10%上昇-ポーリー氏
  • 「バリュエーションは20世紀末当時の状況ほど伸びきっていない」

スチュワート・キャピタル・アドバイザーズ(ペンシルベニア州インディアナ)のマルコム・ポーリー社長兼最高投資責任者(CIO)は、30年に及ぶ資産運用で相場の急変動を何度も味わってきたが、現時点でそうした事態がすぐに起きるとは考えていない。

  ポーリー氏(55)は、力強い企業業績の伸びや財政刺激策などによって金利上昇の影響が相殺され、史上2番目に長い強気相場は少なくともあと1年続くと予想。年初からここまで3.2%上昇しているS&P500種株価指数は、少なくとも今年は10%上昇するとみている。

  12億ドル(約1320億円)の運用に携わるポーリー氏は「マーケットは極めて健全な状態だ」と述べ、「バリュエーションは20世紀末に向けた当時の状況ほど伸びきっていない。買える銘柄を見つけられなかった1998年とは異なり、依然として買える銘柄が豊富だ」と語った。  
    

Record Breaker?

  ポーリー氏はインタビューで、9年目に入った現在の強気相場は11年続く可能性があると述べた。実現すれば2000年に終わるまで10年続いたドット・コム相場を上回ることになる。同氏はテクノロジーや工業、ノンバンク金融セクターで時価総額が50億ドル未満の銘柄を選好している。

  同氏は、今年の早い時期にボラティリティーが急上昇したものの、過去を見るとそれほど極端な動きではなかったとの認識を示した。実際、ボラティリティー指数(VIX)は依然として1990年以後の平均を約40%下回っている。

What Volatility?

原題:Veteran Investor Says Second-Longest Bull Market Has Room to Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE