コンテンツにスキップする

米朝首脳会談の舞台裏支える、CIA職員のキム氏に注目

  • トランプ大統領とポンペオ長官の交渉に同席するアンドルー・キム氏
  • キム氏はソウル駐在時に南北高官の信頼を得た後、ワシントンに戻る

歴史的な米朝首脳会談の実現に向け目まぐるしく繰り広げられた外交交渉の中で、普段なら目立たないはずの米中央情報局(CIA)のベテラン職員が注目されている。

  CIAで数年にわたり北朝鮮を担当したアンドルー・キム氏は、ポンペオ米国務長官の平壌訪問に同行。トランプ米大統領が先週、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の特使として訪米した金英哲副委員長とホワイトハウスの大統領執務室で会談した際にも、キム氏の姿が見られた。トランプ大統領と金委員長は12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談に臨むが、会談の舞台裏を支えているのがキム氏だ。

Top North Korean Adviser Kim Yong Chol Meets Pompeo In New York To Plan Summit

アンドルー・キム氏

写真家:Peter Foley / Bloomberg

  韓国で育ったキム氏は、米朝会談へのアプローチや北朝鮮の核問題への対応でトランプ政権内で特別な影響力を持つ。米朝交渉でのトランプ大統領の右腕としてポンペオ長官が選ばれたように、キム氏は同長官の右腕としての存在感を示す。

  ホワイトハウスや米国防総省で働き、現在はアジア・グループのパートナーをしているレクソン・リュー氏は「今、北朝鮮側との対話全般を事実上結び付け支えているのがアンドルー・キム氏だ」と指摘。同氏が「恐らく現時点で最も影響力のある人物だとしても驚きはしない」と語った。

Mike Pompeo,Kim Jong Un

ポンペオ長官と金委員長との会談にアンドルー・キム氏も同席(5月9日、平壌で)

フォトグラファー:KCNA via AP

  キム氏はCIAのソウル駐在トップとして韓国のみならず北朝鮮の高官からも信頼を得た後、ワシントンに戻った。帰国後はオバマ、トランプ両政権において、CIAが維持してきた北朝鮮との極秘チャンネルへのアクセスも持っている。

relates to 米朝首脳会談の舞台裏支える、CIA職員のキム氏に注目

ポンペオ長官と訪米中の金英哲朝鮮労働党副委員長との夕食会にアンドルー・キム氏も(ニューヨークで)

出典:米国国務省

  CIAはキム氏へのインタビュー要請を受け入れなかった。キム氏をベテランだと評するものの、同氏の経歴を詳しく話すことも拒否した。キム氏を知る何人かも、機密を扱う職務を担うのが同氏だとしてコメントを控えた。

原題:Mystery CIA Officer Thrust Into Spotlight as Korea Summit Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE