コンテンツにスキップする

米アテナヘルスCEOが辞任、女性問題受け-身売りへの道開く

  • ブッシュ氏については女性への不適切な行動に関する疑惑が相次ぐ
  • ヘッジファンド運営会社エリオットは同社に対して買収案を提示

米医療サービス会社アテナヘルスのジョナサン・ブッシュ最高経営責任者(CEO)が辞任し、身売りの可能性に道を開いた。同氏については女性への不適切な行動に関する疑惑が相次いでいた。同社はブッシュ氏が20年以上前に共同で創設した。

  ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領のおいであるブッシュ氏(49)は、2つの難題に見舞われていた。ヘッジファンド運営会社エリオット・マネジメントは先月、アテナヘルスに対し1株当たり160ドルでの買収案を提示。また先週には、同氏が女性社員への不適切な行動を巡る疑惑に直面しているほか、10年余り前に元妻に暴行したなどと、ブルームバーグなどが報じていた。

  同社は6日の発表資料で、身売りや合併を模索する方針を明らかにしたほか、新CEO探しを開始すると表明した。

Investors Bet on a Deal

原題:Athenahealth CEO Bush Steps Down, Clearing Way for a Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE