コンテンツにスキップする

報復関税に身構える「ジャックダニエル」、正確な売上高予想困難

  • ブラウンフォーマンが決算発表で関税計画巡る懸念示す
  • 6日の取引でブラウンフォーマン株は一時7%安
Jack Daniel's Braces for Mexico Levies on Tennessee Whiskey

Photographer: Yuriko Nakao/Bloomberg

Jack Daniel's Braces for Mexico Levies on Tennessee Whiskey

Photographer: Yuriko Nakao/Bloomberg

米国のトランプ政権による鉄鋼・アルミニウム輸入への高関税発動への対抗措置として、メキシコがテネシーウイスキーに25%の関税を賦課する方針を示し、「ジャックダニエル」の酒造会社ブラウンフォーマンは困惑している。

  同社は6日の決算発表で、関税計画を巡る状況があまりにも不確実で今後の売上高の伸びを正確に予想することは難しいと説明。カナダと欧州連合(EU)も米国産ウイスキーに対して追加関税を課す意向だ。

  「米国産蒸留酒への報復関税の可能性を巡る懸念」に言及したブラウンフォーマンは、2019年4月期について大きな変化がないとの前提で、通期の基調的な純売上高が世界で6-7%増えると見込んでいることを明らかにした。

Global Buzz

U.S. is Brown-Forman's biggest market but other countries getting thirstier

Source: Company statement

  同社の総売上高にメキシコが占める割合は現在5%程度にすぎないものの、同国市場は急速に成長している。18年2-4月(第4四半期)のメキシコでの純売上高は15%増加と、米国(7%増)の倍以上の伸び率となった。

  6日の米株式市場で、ブラウンフォーマンの株価(クラスB)は一時7%安。終値は6.1%安の52.47ドル。

原題:Jack Daniel’s Braces for Mexico Levies on Tennessee Whiskey (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE