コンテンツにスキップする

フォーティブ、J&Jの滅菌関連製品部門を買収へ-約2970億円

フォーティブはジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のASP部門を27億ドル(約2970億円)で買収する。6日の発表資料によると、医療器材を洗浄・消毒・滅菌する装置を製造するASPの昨年の売上高は約7億7500万ドルだった。2019年の早い時期の手続き完了を見込んでいる。

  16年にダナハーからスピンオフされたフォーティブは、ASP買収でさまざまな新製品を加えることになる。J&Jは店頭薬や糖尿病治療、一部の医療機器などの事業の見直しを行っており、ASP売却もその一環。

  6日の米株式市場の時間外取引でフォーティブの株価は小幅上昇、J&Jはほぼ変わらず。

Post-Spinoff Surge

原題:Fortive Will Buy J&J’s Sterilization Unit for $2.7 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE