コンテンツにスキップする

新興国ドミノ、次に倒れるのはブラジルか-エラリアン氏

  • 新興国通貨の混乱はアルゼンチンに始まり、その後トルコに波及
  • ブラジル中銀の市場介入後もレアルは6日の主要通貨の下げを主導

最初はアルゼンチン、その後トルコに波及した新興国通貨の混乱。次に来るのはブラジルか。

  ブラジル中央銀行が自国通貨下支えのために通貨スワップ市場で15億ドル相当の介入を行ったにもかかわらず、レアルは6日の主要通貨の下げを主導した。独アリアンツの主任経済顧問を務め、ブルームバーグにコラムを寄稿するモハメド・エラリアン氏は同日、こうした状況の下で、次に倒れるドミノが、ブラジルではないかとの見方を示唆した。

  エラリアン氏は、ブラジルの政策担当者が「難しい立場に置かれており、失策の余地がほとんどない」とツイートした。

The Road to 4.0

  ブラジル中銀は、アルゼンチンやトルコ、インド、インドネシアの中銀が行った同じような市場介入の動きに追随した。インドとインドネシアの通貨の下げには一定の歯止めがかかったが、アルゼンチンとトルコ、そしてブラジルの通貨は今年に入り世界で最も売り浴び、引き続き危険な状態にある。

原題:El-Erian Warns Brazil May Be Next Domino as EM Contagion Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE