ゴールドマンでなく仮想通貨のドレクセル目指す-ノボグラーツ氏

更新日時
  • ノボグラーツ氏はこれまで仮想通貨のゴールドマンを目指すと表明
  • ドレクセル時代のミルケン氏らは唱道者だったとの認識示す

資産家マイケル・ノボグラーツ氏が目指すのは、もはや仮想通貨のゴールドマン・サックスではない。同氏が率いるギャラクシー・インベストメント・パートナーズの新たなビジョンは、仮想通貨のドレクセルだ。

  ノボグラーツ氏が言うドレクセルとは、1980年代にジャンク債市場をほぼ独力で切り開いた投資銀行ドレクセル・バーナム・ランバートのことだ。同行は後年、大規模なインサイダー取引スキャンダルの中で破綻した。

  同氏はニューヨークでのブルームバーグ主催イベントで5日、「私は元々、この分野におけるゴールドマンを築くと言っていた」とした上で、「こんなことを言えば厄介な状況を招くとは思うが、実際にはドレクセルにより近い存在」を現在は想定していると発言。ドレクセル時代の「マイケル・ミルケン氏らは、ジャンク債や高利回り債を資産クラスとして信認してもううことに貢献した。彼らは唱道者でありトレーダー、バンカーだった」と述べた。

  ノボグラーツ氏はまた、機関投資家はいずれデジタル通貨ビジネスにアプローチする準備が整うようになるとの見方を示した。

  同氏とブルームバーグの親会社ブルームバーグ・エル・ピーは、ドルで取引される主要仮想通貨の値動きを示すBGCI指数で提携している。このような指数開発により、新たな資産クラスへの資金流入が促される可能性があるとも話した。

ノボグラーツ氏

出所:ブルームバーグ)

原題:Forget Goldman, Novogratz Says He’s Building ‘Drexel of Crypto’(抜粋)

(最終段落にBGCI指数についての情報を加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE