9500%の株上昇、警備員や調理師もミリオネアに-中国の舜宇光学科技

  • 舜宇光学科技による異例の取り組みで約400人がミリオネアに
  • 2008年以降の値上がり顕著、米ネットフリックス株の上昇率もかすむ

大半の大企業では誰がミリオネアかは明らかだ。経営トップやサイエンスの博士号保持者などがそれに当てはまる。

  だが、中国の光学部品メーカー舜宇光学科技集団(サニー・オプティカル・テクノロジー・グループ)には、最も裕福な従業員に工場労働者や警備員、食堂の調理師までいる。同社株はこの10年でMSCIのグローバル指数のどの構成銘柄よりも急ピッチで値上がりしてきた。

舜宇光学科技が運営する余姚市の工場

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  ブルームバーグの集計データによると、創業から間もない時期に入社した従業員に対し地位に関係なく株式を付与する舜宇光学科技の異例の決定のおかげで何百人もの社員がミリオネアになった。同社の株価は2008年6月以降で9500%余り上昇しており、これまで報じられていなかった持ち分の価値は膨らんでいる。これを前にすると米ネットフリックス株の7500%値上がりもかすみがちだ。

  舜宇光学科技は家電工場従業員だった王文鑒氏(70)が1984年に借金して集めた1万ドル足らずを元手に創業。同社は今や時価総額220億ドルを誇る巨大企業で、韓国のサムスン電子や中国の小米などにレンズを供給している。スマートフォンや自動車、ドローンに使われるカメラ用の需要が拡大し、この10年にわたり増益が続き、目がくらむような株高を後押ししてきた。

  中国経済を専門とする米ブラウン大学のルイス・パッターマン教授は電子メールで、「従業員向けに築いた富という点では恐らく舜宇光学科技は最も顕著な例だ」と記述した。

銭聚人散、銭散人聚

  舜宇光学科技が1990年代にいわゆる農村の「郷鎮企業」から合資会社に再編された際、創業者の王氏は経営陣以外にも株式を配分し、その後は持ち分を信託にまとめる異例の措置を講じた。同信託は今では約400人の保有者を抱える。

  王氏は昨年刊行された舜宇光学科技の社史に関する書籍で、「銭聚人散、銭散人聚(お金が集中すれば人はばらばらになり、お金が分散されれば人は集まる)」と記していた。同氏にインタビューを要請したが、舜宇光学科技は応じなかった。

舜宇光学科技が運営する工場の社員寮

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  王氏は94年に6.8%の持ち分を自身に残した上で、品質検査担当者や社員食堂の調理師、清掃員に地位と勤続年数をベースにわずかな費用で株式取得の応募を認めた。当局への届け出に基づくブルームバーグの集計データによれば、従業員の信託で0.013%でも持っていればミリオネアになれる。取締役4人分の計16%を除くと、平均の持ち分では従業員1人当たり約1700万ドルに上る。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、2012年に会長職を退いた王氏は引き続き3.7%の株式、8億ドル余りを保有している。

  舜宇光学科技に大卒者第1号として89年に入社し、現在は副社長を務める王文杰氏(50)は寧波市で先月開かれたビジネスフォーラムの合間にインタビューに応じ、経営者が厳格な管理を維持するのが主流だった時代に、創業者の王氏の取り組みは珍しいことだと話す。

  王副社長は「当社では食事を提供する者でもビリオネアになれるかもしれない。われわれはチームを築き上げ、成長を続けるという素晴らしいことを一つやり遂げた」と語った。

舜宇光学科技の工場の前を人力車で通る男性

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

原題:A 9,500% Stock Surge Turns Janitors Into Millionaires in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE