コンテンツにスキップする

独コメルツ銀ロンドン本部の建物、約630億円で売りに-関係者

ロンドンの金融街シティーでドイツのコメルツ銀行が入居する物件を韓国のサムスン生命保険が約4億2500万ポンド(約630億円)で売りに出している。事情に詳しい2人の関係者が明らかにしたほか、ブルームバーグが書類を確認した。

  書類によれば、イングランド銀行(英中央銀行)に近いグレシャム街30番地にあるビルの売却を巡りサムスン生命はDWSグループから助言を受けている。約3万7160平方メートル(サッカーフィールド6面程度)のこの建物にはインベステックも入っていると、非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  コースター・ニュースがこの物件販売の詳細について先に報じていた。英国が欧州連合(EU)離脱を決めた後でも、海外投資家はポンド安を好機として捉えており、シティーで長期賃貸契約を結べる大型オフィスへの需要は引き続き強い。

  ドイツ銀行が経営に携わる資産運用会社DWSの広報担当者はコメントを控えた。通常の業務時間外だったこともありサムスン生命からのコメントは得られていない。

原題:Commerzbank’s London HQ Is Said to Be for Sale for $570 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE