コンテンツにスキップする

EUは改革の取り組みに集中を、カネの問題より先に-バイトマン氏

  • バイトマン独連銀総裁がブリュッセルで欧州首脳に訴えた
  • メルケル独首相は2日前にEU改革案を示していた

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は5日、ブリュッセルで欧州連合(EU)改革を巡る議論に言及し、統合深化は必ずしも拠出拡大を伴う必要はないと欧州首脳に訴えた。メルケル独首相は2日前にEU改革案を示していた。

  バイトマン氏は「欧州の統合深化は必ずしも、欧州向けの支出拡大を意味しない」と発言。「カネの問題の議論から始めるのは順序が逆であり、欧州はまず、共同で遂行かつ拠出するのが理にかなう課題を明確にする必要がある」と指摘した。

原題:Weidmann Urges Europe to Focus on Reform Efforts, Not Price Tag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE