コンテンツにスキップする

クルーズ船銘柄が下落、気掛かりな兆候見られるとモルガンS

5日の株式市場で、クルーズ船各社の株が下落。今後も値動きの激しい展開となる可能性がある。

  カーニバルやロイヤル・カリビアン・クルーズ、ノルウェージャン・クルーズラインがいずれも下落。今後数四半期にわたり軟調となる可能性があると、モルガン・スタンレーのアナリストが警告したことが手掛かり。

  ジェイミー・ ロルー氏らモルガン・スタンレーのアナリストは、米旅行代理店を対象に調査を実施した結果、「異例に強い」5月の後、カリブ海に関してはハリケーンへの不安や収容能力の余剰を理由に7-9月(第3四半期)と10-12月(第4四半期)を懸念要因と多くが考えていることが明らかになったとリポートで指摘。全体的な価格設定は横ばいとされ、一部の大手業者は10-12月に総体的な減速が訪れることについて懸念を示したと説明した。

Rough Seas

原題:Cruise Lines Shares Drop as Morgan Stanley Sees Troubling Signs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE