米求人件数:4月は予想外に増加、過去最高記録を更新

  • 3月上方修正、統計史上初めて失業者数上回る-差は4月に大幅拡大
  • 4月の解雇者は増加、3カ月ぶりの高水準-離職率2.3%で変わらず

米労働省が5日発表した4月の求人件数は、市場の予想外に増加し過去最高を更新した。求人件数は失業者数を2カ月連続で上回り、その差は大きく拡大した。

米求人件数のハイライト (4月)

  • 米求人件数は前月比6万5000件増加して669万8000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は635万件。前月は663万3000件(速報値655万件)に上方修正
  • 雇用された労働者は557万8000人と、前月の548万6000人から増加
  • 自発的離職者は335万1000人で、前月の338万7000人から減少-離職率は2.3%で変わらず
  • 解雇者は171万人と、3カ月ぶりの高水準-前月は154万7000人

  3月の求人件数は今回の上方修正により、データがさかのぼれる2000年以降で初めて失業者数を上回った。その差は3月に4万8000人。4月は35万2000人に拡大した。

  4月の求人は専門・ビジネスサービスを中心に幅広い業種で増加。製造業や娯楽・ホスピタリティなどでも増えた。

  4月までの1年間に新規雇用された労働者は6610万人、自発的離職者と解雇者の合計であるセパレーションは6370万人で、差し引き240万人の雇用純増となった。

原題:U.S. Job Openings Rise to Record, Exceeding Number of Unemployed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE