コンテンツにスキップする

ウェルズF:インディアナ、ミシガン、オハイオ州の全支店を売却へ

米銀ウェルズ・ファーゴは、インディアナ、ミシガン、オハイオ各州にある計52支店全てをフラッグスター・バンコープ(本店・ミシガン州トロイ)に売却することを明らかにした。これら3州のリテールバンキング業務から撤退する。

  ウェルズの5日発表によれば、同行は2020年末までに現在約5800カ所ある支店を5000程度に減らす計画で、今回の売却はその取り組みの一環。

  コミュニティーバンキング・消費者融資担当責任者のメアリー・マック氏は「ウェルズ・ファーゴは引き続き、商業融資やウェルスマネジメント、リテールブローカレッジ、住宅融資といった分野でこの地域での事業を継続する」と説明した。

原題:Wells Fargo Sells All Its Branches in Indiana, Michigan, Ohio(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE