コンテンツにスキップする

メキシコ・ペソが約1年ぶり安値、NAFTA合意を悲観

  • 1.4%安の1ドル=20.3488ペソ、主要通貨の中で最大下落
  • クドロー国家経済会議(NEC)委員長の発言受け下落

メキシコの通貨ペソが5日、1年余りでの最安値に下落した。米国が北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄し、メキシコおよびカナダとの間で別々の協定を結ぶとの懸念が浮上した。

  ペソは4営業日続落しニューヨーク時間午前9時20分現在は1.4%安の1ドル=20.3488ペソと主要通貨の中で最大下落。

   クドロー国家経済会議(NEC)委員長が、NAFTA交渉のメキシコとカナダへの分割をトランプ大統領が真剣に検討していると発言し、ペソの下落につながった。

Currency Drops

原題:Mexican Peso Falls to Lowest in a Year as Nafta Seen Delayed(抜粋)
Mexican Peso Falls to Lowest in a Year as Nafta Seen Delayed

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE