コンテンツにスキップする

イタリア国債が下落、新首相が所信表明演説で「急進的」政策表明

更新日時
  • 5営業日ぶりに利回り上昇、ドイツ債とのスプレッド236bpに拡大
  • ポピュリストの連立協定に基づく政策実行と表明
Italy's Premier-Designate Carlo Cottarelli Presents Lists Of Ministers To President
Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg
Italy's Premier-Designate Carlo Cottarelli Presents Lists Of Ministers To President
Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg

5日の欧州債市場でイタリア国債が下落。ジュゼッペ・コンテ新首相が初の議会演説で、ポピュリスト政党の急進的な政策を打ち出したことが売りを誘った。

  イタリア10年債利回りは5営業日ぶりに上昇。ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンヘリッヒ氏は、一部の市場参加者はもう少し穏やかな演説内容を期待していたが、首相は「革命のような措置」に言及したと指摘した。

  ローマ時間午後2時56分現在、2年債利回りは25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1%。10年債は20bp上昇の2.74%、ドイツ債とのスプレッドは236bpと、4日の212bpから拡大した。

Fading Risk

原題:Italian Bonds Fall as Conte’s Maiden Speech Sets ‘Radical’ Plans(抜粋)
Italian Bonds Fall as Conte’s Maiden Speech Sets ‘Radical’ Plans

(相場を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE