コンテンツにスキップする

危機時に最も持ちたくないのはビットコイン-空売り投資家チャノス氏

Bitcoin Claws Its Way Back
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Bitcoin Claws Its Way Back
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

米エンロンの破綻を予想した空売り投資家ジム・チャノス氏は、仮想通貨ビットコインが危機時には役に立たないとの持論を展開した。

  チャノス氏は4日に公表されたインスティチュート・フォー・ニュー・エコノミック・シンキング(INET)とのインタビューで、ドルなどの法定通貨は危機時に政府がその利用を強制し、最後の貸し手となることができるため有利だとの見方を示した。一方、仮想通貨にはそうした裏付けがない。

  同氏は「最悪のシナリオ下で仮想通貨を価値保存手段として所有する必要があると考えている人に対して言うが、仮想通貨が最も効果を発揮しないのはまさにそのようなケースだ」と指摘。危機時に「私が最も持ちたくないのはビットコインだ」と述べた。

  

原題:Chanos Calls Bitcoin ‘Last Thing I’d Want to Own’ in a Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE