コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi

日銀の次の手段は過度な円安阻止狙う金利調整の可能性-河合東大教授

  • リミットは「120円半ばくらい。130円は明らかに行き過ぎだ」
  • 円安の反動で円高に戻るのは物価目標にもマイナス、為替の安定を
The Bank of Japan headquarters in Tokyo, Japan.
Photographer: Tomohiro Ohsumi

日本銀行の参与を務める東京大学の河合正弘特任教授は、日銀が金融政策の次の手段として、好調な米国経済を背景にした過度な円安を阻止するために10年物金利ターゲットを引き上げる「調整はあり得る」との認識を示した。

  河合氏は4日のインタビューで、「行き過ぎた円安から円高に戻るのは好ましくない。日本経済にも物価目標にもマイナスになる」と述べ、安定的な円安水準の維持が望ましいと強調。日銀は円の乱高下を回避するため、「過度な円安になる前に止める。そのリミットは120円半ばくらい。130円は明らかに行き過ぎだ」と語った。

Bank of Japan Adviser Masahiro Kawai Interview

河合正弘氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  米国ではトランプ政権がインフラ投資や減税政策を進める一方で、労働需給が逼迫(ひっぱく)しており、景気が過熱する「蓋然(がいぜん)性はそれなりにある」というのが河合氏の見方だ。

  市場では1ドル=125円が円安を容認できる限界の「黒田ライン」と呼ばれている。2015年6月に1ドル=125円台後半と13年ぶりの円安を付けた直後に黒田東彦総裁が国会で、「ここからさらに円安はありそうにない」と答弁したからだ。河合氏の発言は市場の認識と一致する。為替相場は足元、109円台で推移している。

円安は行き過ぎても良くない

  一方で、河合氏は日銀は出口の議論を本格的に始める段階にはないと言明。あくまでも為替変動の安定維持が調整の目的であり、出口戦略に向けた政策変更ではないと述べた上で、「黒田総裁と市場のコミュニケーションは非常に重要になってくる。丁寧にやっていかなければならない」との見解を示した。 

   日銀は物価目標2%の達成を目指し、長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入し、長期金利(10年物国債金利)「0%程度」、短期金利(日銀当座預金の一部に適用する政策金利)「マイナス0.1%」を誘導目標に設定した。

   河合氏は日銀は物価2%までの道のりが遠い中、現行の金融政策を続けていかなければならないとしながらも、「労働需給が逼迫する中で物価は今後上昇経路をたどり、来年には具体的に出口の議論をできるタイミングが見えてくる」と語った。

   日銀は14、15の両日、金融政策決定会合を開催する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE