コンテンツにスキップする

米朝首脳、シンガポールで12日午前9時会談-最大限の圧力は継続

更新日時
  • 北朝鮮を経済的に孤立させるための行動が今後も続くと報道官
  • トランプ大統領は「その言葉を使いたくない」と先週発言していた
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

Photographer: /Inter-Korean Summit Press Corps
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
Photographer: /Inter-Korean Summit Press Corps

ホワイトハウスのサンダース米大統領報道官は4日、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との初の首脳会談の日時について、シンガポール時間12日午前9時(日本時間同10時)に設定されたことを明らかにした。その一方で、北朝鮮の体制に「最大限の圧力」をかけるとしてきた米国の姿勢に変化はないと述べ、北朝鮮を経済的に孤立させるための取り組みが今後も続けられると言明した。

  トランプ大統領は1日の段階で、米朝間の関係改善を理由に挙げ、「最大限の圧力」という言葉を使うことを避けたい意向を示し、「われわれはうまくいっているので、その言葉を使いたくない」と発言していた。

  サンダース報道官は「われわれの政策は変わっていない。大統領が明言しているようにわれわれは制裁を科し、それは非常に強力なものであり、北朝鮮の非核化が実現するまでそれらの制裁を解除するつもりはない。大統領は国家安全保障チームから北朝鮮について毎日ブリーフィングを受けている」と説明した。

  トランプ大統領は、経済制裁解除と引き換えに核兵器の放棄に応じるよう北朝鮮の金委員長の説得を目指し、将来的に米国からの投資を行う約束もちらつかせている。ホワイトハウスは、米朝首脳会談に向けたトランプ大統領の準備について、これまで多くを語っておらず、トランプ氏は大統領山荘キャンプデービッドで家族とこの週末を過ごした。

原題:U.S. Pressure on Kim to Continue as Time Set for Trump Meeting(抜粋)

(4段落目に背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE