コンテンツにスキップする

ドイツ銀行:南ア共和国で複数の部門閉鎖、世界的な事業見直しの一環

ドイツ銀行は南アフリカ共和国のアドバイザリーとコーポレートブローキング、スポンサーサービスの各部門を閉鎖する。同行事業の世界的な見直しの一環。

  ドイツ銀は2016年と17年に年間ベースで2年連続の赤字を計上。投資家信頼感の悪化や大手格付け会社による格下げに見舞われる中、クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は同行の立て直しを主導する任務を負っている。

  ドイツ銀の報道官は取材に対して電子メールで回答し、「最大6カ月にわたる秩序だった閉鎖になるだろう」と指摘。雇用への影響については言及を避けた。「当行の南アでの債券資本市場やフィクストインカム、トレジャリープロダクツは影響を受けない。当行は南アの顧客に引き続き献身している」と続けた。

  今回のニュースの一部については、南ア紙ビジネス・デーが先に報じていた。

原題:Deutsche Bank Cutting S. Africa Units as Part of Global Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE