コンテンツにスキップする

長期金利が上昇、日銀オペ減額への警戒感くすぶる-10年入札は無難

更新日時
  • 新発10年債利回りは0.05%、5月22日以来の高水準
  • オペ減額への警戒感あり、しばらくは上値を追いにくい-岡三証

債券市場では長期金利が上昇。前日の米国市場で株高・債券安の展開となった流れを引き継いで売りが先行した。この日に実施された10年債入札は無難に通過できたものの、日本銀行の長期国債買い入れオペの減額警戒感がくすぶることから上値の重い展開が続いた。

  5日の現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の350回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と変わらずで寄り付いた後、0.5ベーシスポイント(bp)高い0.05%と、5月22日以来の水準に上昇。その後も同水準で推移した。

  超長期ゾーンでは新発20年物利回りが横ばいの0.52%、新発30年物利回りは横ばいの0.725%から0.72%に下げた。新発40年物利回りは0.5bp高い0.88%を付けた後は0.875%で取引された。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「新発10年債利回りがゼロ%を割り込む前に日銀が減額したのは、もうマイナス圏には行かせないという意思の表れか。ゼロ%は遠くなり、当面は0.1%までの真ん中に当たる0.05%を挟んだ展開になるだろう」と見込む。「大量償還を控えて下値では押し目が入りやすい半面、オペ減額への警戒感もあり、しばらくは上値を追いにくい」と言う。

新発10年債利回りの推移

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比1銭安の150円79銭で取引を開始し、一時は150円78銭まで下落。その後は4銭高の150円84銭まで切り返した。午後はおおむねプラス圏で推移し、結局は150円84銭と、この日の高値で引けた。

  財務省がこの日に実施した10年利付国債入札の結果は、最低落札価格が100円49銭と、ブルームバーグがまとめた市場予想中央値の100円48銭を上回った。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は4.38倍と、前回の4.20倍から上昇。小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は1銭と、前回と同水準だった。

過去の10年債入札の結果はこちらをご覧下さい。

  岡三証の鈴木氏は、10年債入札の結果はおおむね予想通りの結果だったとした上で、「入札を前に先物を売っていた向きもいるし、限月交代を控えて買い戻さざるを得ない参加者もいるだろう」と指摘。「そんなに売られていく展開にならないのではないか」とみる。

  4日の米株式相場は上昇。前週末に発表された5月の米雇用統計を受けた景気楽観論が根強く、ダウ工業株30種平均は前営業日比0.7%高の24813.69ドルで終了した。一方、米国債相場は下落し、10年国債利回りは4bp高い2.94%程度で引けた。

  この日の東京株式相場は続伸し、日経平均株価は前日比0.3%高の2万2539円54銭で取引を終えた。東京外国為替市場ではドル・円相場が一時1ドル=110円00銭と、5月24日以来の水準までドル高・円安が進んだ。

日銀オペ

  日銀は6日に残存期間1年超5年以下と、5年超10年以下を対象に長期国債買い入れオペを実施する予定。1日は市場の予想外に5年超10年以下の買い入れオペが減額された一方、4日の1年超5年以下と10年超のオペでは買い入れ額が前回から据え置かれた。

  岡三証の鈴木氏は、「長期金利の著しい低下などがなければ、日銀は慌てて追加の減額に動く必要ははいだろう。今月半ばまでは様子見していくのではないか」としている。

過去の日銀オペの結果はこちらをご覧下さい。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE